ギター初心者の方がギターを購入する際に選ぶべきポイント【7点】

ネコでも弾ける!ロックギター講座 > ギター > ギターを買いに行こう > ギター初心者の方がギターを購入する際に選ぶべきポイント【7点】

ギター初心者の方がギターを購入する際に選ぶべきポイント【7点】

久々の更新になります!ギター初心者の方がエレキギターを購入する際に選ぶべきポイントをご紹介します。

初心者の方のエレキギターの購入に関しては以前の記事でも書きましたが、その記事を書いたのがなんともう10年以上も前になります。昔に比べるとギターも安価で作りの良いもが数多く出てきました。今回改めてエレキギター初心者の方が初めてのギターを買うときのポイントをまとめてみました。

選ぶべきポイント

価格

やはりはじめは価格が気になるところかと思います。安いものでは6000円のギターから高いものは30万以上のものまで。初心者の方が選ぶべきギターの価格の目安は予算に応じて2万円~6万円くらいが無難です。安すぎるギターも値段なりですし、いきなり高いギターを購入するよりも、その予算を小物やエフェクターなどに充てたほうが良いでしょう。

メーカー

メーカーもギター選びの大事なポイントです。全くの無名メーカーではなく、ある程度名の知れたメーカーの方が安心感がありますよね。

新品か中古か

中古品やネットオークション等は安価で購入できる反面、ギターの状態が非常に心配だと思います。初心者の方はやはり初めは新品のギターを購入する方が良いでしょう。

種類・形

ストラトキャスター、テレキャスター、レスポール等、エレキギターの種類には様々あります。初心者の方におすすめしたいのはずばりストラトキャスターです。とても弾きやすく、一家に一本あって間違いないギターです。

自分の好きなアーティストが使っているギター

ストラトキャスターをおすすめしましたが、やはり自分の好きなアーティストが使っているギターを購入することはモチベーションにも繋がります。

逆におすすめしないエレキギター

弾きにくい程の変形ギター

フライングVなど、座ったときに弾きにくいギターは練習の妨げになるので上手くなってから買いましょう。

中古の無名メーカーやオークションに出ているジャンクギター

前述の通り中古品やオークションのものはハズレがあり、ネックが反ってしまっていたり、内部が断線していたりと、メンテナンスが必要なケースがあります。初心者の方はやはり新品のギターを選ぶ方が良いでしょう。

高すぎるギター

楽器屋の店員さんにのせられてついつい高い楽器を買わされるなんてこともあります。高いギターはもちろん作りや素材も良いのですが、初心者の方は初めは安いギターからはじめて、上手くなってからより良いギターを購入しましょう。

オレならこれを買う

FgN(フジゲン) ストラトキャスター J-Classic JST6R

おわりに

以前の記事では「気に入ったのを買え!」とか「俺ならドラえもんギターを買う!」など自由奔放に書いてました。そんなわけでこの記事も新たなギターキッズの参考になれば幸いです。


この記事をシェアする